なごやかサロン・ぎふ四水会 参加してきました

  • 2017.02.23 Thursday
  • 10:25

おはようございます。

活気ある人々に囲まれてきました!ヒロセです。

 

昨夜は、名古屋市を中心にご活躍されている方々が交流される

 

「なごやかサロン・ぎふ四水会2月例会」 が開催されました。

 

なごやかサロン・ぎふ四水会2月例会

 

 

昨夜は、西美濃地域の日となっており、各市町が特産品などを持ち寄り、参加の皆さんをおもてなししました。

 

様々な業種の方が参加されており、メディア関係・医療・建設・旅行などなど。

 

 

 

2時間ほどの時間でしたが、あっという間でした。

 

垂井町の代表として、はちみつのPRと町のPRをしてきました。

 

 

なごやかサロン・ぎふ四水会2月例会

 

はちみつの試食と、グルマンさんのパンにハチミツを塗って試食してもらいました。

 

香ばしいパンとハチミツの相性はバツグンで、大好評!ありがとうございます。

 

 

 

そして、各市町さんの様子  ↓↓↓↓

 

 

なごやかサロン・ぎふ四水会2月例会

▲大垣市さん

 

なごやかサロン・ぎふ四水会2月例会

▲養老町さん

 

 

なごやかサロン・ぎふ四水会2月例会

▲大野町さん

 

なごやかサロン・ぎふ四水会2月例会

▲揖斐川町さん

 

 

なごやかサロン・ぎふ四水会2月例会

▲神戸町さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅の花粉交配

  • 2017.02.19 Sunday
  • 13:18

こんにちは!

 

先日、テレビを観ていて腰痛の原因がなんとなく分かったような気がして嬉しいのヒロセです。

 

 

テレビを観ながら、そのキーワードで病院探したら、アクセスが集中して閲覧できませんでした。

マスコミの影響ってスゴイですね。

 

 

さてさて。

 

先日、16日と17日でミツバチのもとへ行ってきました。

 

ミツバチが梅の花粉交配

 

 

和歌山県の梅は、ほぼ満開に近い状態でした。(場所にもよって違いがありましたが)

 

 

ミツバチも、元気に飛び回り花粉交配を。

 

 

私たちは、繁殖が進んでいる群を継箱(2段の巣箱)にしたり、花粉交配の活動用にエサやりをしてきました。

 

 

が。越冬用の貯蜜がまだたくさんあったために、ほぼエサやりはありませんでした。

 

寒気がきたときは、冷え込みましたが比較的暖かい日が続いていたからかな。

 

 

 

 

 

巣枠のワイヤー張り

  • 2017.02.08 Wednesday
  • 09:32

おはようございます!

 

鼻がムズムズ・・・。花粉症の到来に少しだけ悩ましいヒロセです。

酷くはないのですが、年々感じ始めています。

 

 

 

この時期、定番の巣枠のワイヤー張り。

 

養蜂 巣枠のワイヤー張り

 

 

 

巣枠には、ワイヤーを3本張るのですが、1本のワイヤーを赤線のように通していきます。

 

実際のワイヤーも見えにくいですが通っています。

 

 

 

 

そして、チチンプイプイ♪

 

 

エイ!!!

 

 

養蜂 巣枠のワイヤー張り

 

 

ほら!この通り!

 

 

ピーンと張られたワイヤーに!

 

 

 

 

と、こんな呪文でできたら楽ですよね。。。

 

 

 

 

両手で行なう作業で、私一人でしたので途中の作業の様子は割愛で。笑

 

 

実際は、ペンチでグイーン!とワイヤーが切れる寸前らへんのところまで引っ張って伸ばしながら張っていきます。

 

 

 

ワイヤーを通して、端をネジネジして止めて。

 

グイーン!グイーン!グイーン!と3本分引っ張って。

 

最後に、またワイヤーを固定するためにネジネジして終わり。

 

 

 

 

この状態で保管して、春に向けてミツバチが増えてきたら、巣礎(すそ)をこのワイヤーに張ってミツバチに預けて、巣を盛らせます。

 

 

 

 

 

 

 

キャンプ中のミツバチ

  • 2017.02.02 Thursday
  • 14:14

ど〜も〜。

 

日記をまとめて書いているヒロセです。

最近、サボっていてすみません!!

 

 

先月末に、和歌山でキャンプ中のミツバチのもとへ行ってきました。

 

そう。全国的に寒波に覆われたその数日後。

 

 

 

 

現地に到着してビックリ!

 

 

な。

 

 

なんと!

 

 

ミツバチの周りに雪が残っているじゃありませんか〜。

 

 

しかも、巣門が草で覆われて。。。出入りがしにくそう。。。でも、よくよく考えると、冷たい風が巣門から入りにくくて丁度よかったかも♪

 

 

 

雪で囲まれたミツバチの巣箱

 

 

冷たい雪を、防寒機能のない長靴で踏みしめ、足の指がキンキンに冷えながらも、一箱一箱開けて作業していきました。

 

 

 

越冬の山場を越えたようで、梅の花も早いところでは咲いていましたので、この後暖かくなって育児も始まっていきます。

 

 

 

暖かくなって、元気にミツバチが飛び回るのが待ち遠しいな〜。

 

 

 

 

 

 

カンボジアからのお客さま!?

  • 2017.02.02 Thursday
  • 14:06

こんにちは〜。

 

ミツバチの越冬も山場をこえ、暖かくなる春が待ち遠しいヒロセです。

 

 

昨日のことですが、カンボジアから日本へ養蜂研修に来ているNOB UISALさん(向かって左から2番目)が、春日養蜂場へも着てくれました。

 

 

カンボジアからのお客さま

両端は、NOB UISALさんの受け入れ先である兵庫県の俵養蜂場の方々。
日本語も、とても上手で私も僅かながらおしゃべりしました。
きっかけは、春日が数年前にJICAの事業で、カンボジアでの養蜂支援の仕事をしており、現地でのフィールドワークなども行っていたからだと思います。
なので、それを踏まえたカンボジアでの、セイヨウミツバチを用いた養蜂の可能性などのお話をということ。
夕方には、兵庫県に向かって帰られましたが、NOB UISALさんはもう1年ほど日本で修行を積んだ後、カンボジアへ帰って事業をスタートされるようです。
楽しみですね♪

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM