スポンサーサイト

  • 2018.05.01 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    栗ご飯

    • 2011.10.26 Wednesday
    • 17:03
    こんにちは〜。
    先日食べた栗ご飯が美味しくて忘れられません。ヒロセです。



    レシピのご紹介です。

    <材料>
    米・・・5合
    栗・・・200g
    はちみつ・・・大さじ2
    酒・・・大さじ2
    白だし・・・大さじ2

    <作り方>
    (1)栗は、皮・渋川をむいておく。
    (2)お米は研いで、いつもと同様の分量の水を入れ、はちみつ、酒、白だしを入れ炊く。



    たったこれだけで、美味しい栗ご飯が食べられちゃう!



    *栗ごはんに限らず、ご飯を炊くときに少量のはちみつを入れるとふっくらおいしいごはんが出来上がります。



    蒸しパン

    • 2011.02.16 Wednesday
    • 15:18


    <材料>
    薄力粉         120g
    ベーキングパウダー   小さじ1
    卵1個と牛乳を合わせて 130cc
    はちみつ        40g
    バター         20g
    さつまいも       100g

    <作り方>
    1.薄力粉とベーキングパウダーを合わせ、ふるいにかけておく。
    2.バターは湯せんしておく。
    3.さつまいもは皮ごと1?ぐらいの厚さに切り、1?の角切りにして、5分ほど水にさらす。水を切り、ペーパーナプキンなどで水気をしっかり切る。
    4.ボールに卵と牛乳、はちみつ、バターを入れて混ぜる。
    5.ふるっておいた粉を入れる。ここからはゴムベラを使って、さっくり混ぜる。半量のさつまいもを入れ混ぜる。
    6.耐熱容器にクッキングシートを引き、材料を流し込む。残りのさつまいもをのせる。
    7.蒸し器に入れ15~18分ぐらい蒸す。竹串に生地がついてこなければ出来上がり。

    モチモチして、やさしい甘みの素朴な味です。甘みが欲しい時は、ハチミツをつけて食べるのもお薦めです。

    コロッケ

    • 2011.02.16 Wednesday
    • 15:12


    <材料> 8〜10個分
    じゃがいも  大4個
    ひき肉    150g
    玉ねぎ    1/2個
    バター  20g
    塩、こしょう 適量
    はちみつ 大さじ1/2

    衣用   卵
    薄力粉   適量
    パン粉
    <作り方>
    1.じゃがいもは4等分に切り、竹串が通るまで茹でる。
    2.お湯をきり、つぶす。暖かいうちに、バターを入れ、塩、こしょうをする。
    3.ひき肉は適量の油をひき炒める。肉の色が変わってきたらハチミツを入れ、塩こしょうする。
    4.ひき肉が炒め上がったら、バットに移しておく。
    5.フライパンに油を足し、玉ねぎを炒める。
    6.バットの中に玉ねぎ、じゃがいもを入れ混ぜる。
    7.粗熱がとれたら、お好みの形のコロッケを作る。
    8.衣をつけ、180度の油で揚げる。きつね色になったら出来上がり。

    ひき肉を炒める時にハチミツを入れると、肉の臭みを消し、おいしいコロッケになります。

    切り干し大根の煮物

    • 2011.02.16 Wednesday
    • 15:06


    <材料>
    切り干し大根  50g
    にんじん    50g
    あげ      20g
    しょうゆ    大さじ2.5
    酒       大さじ2
    はちみつ    大さじ1
    だし      1カップ
    ごま油     適量

    <作り方>
    1.切り干し大根は水に浸して戻し、食べやすい大きさに切っておく。
    2.にんじんは3?ぐらいの千切りにする。
    3.フライパンにごま油を引き、切り干し大根、にんじん、あげを炒める。
    4.切り干し大根の水気がなくなったら、しょうゆ、酒、はちみつ、だしを入れ煮込む。
    5.水分がなくなったら、出来上がり。

    定番の煮物ですが、はちみつを使えばお砂糖や味醂がなくてもおいしいにものができます。

    金柑のはちみつ漬け

    • 2010.01.27 Wednesday
    • 15:27

    金柑        240g
    はちみつ(そよご蜜)480g

    作り方
    1.金柑は水洗いし、水気をとる。
    2.へたをとり、竹串で全体に穴をあける。
    3.瓶の中に金柑とはちみつを入れ、よく混ぜる。
    4.一日一回はよくかき混ぜる。
    5.2週間ほどで出来上がり。

    お湯で割って飲んでみたら、金柑のやさしい香りがして、
    体が温まりました。金柑の実もおいしかったです。

    冬におすすめのホットドリンクです

    ハチミツでkirei〜生姜蜂蜜〜 10分

    • 2009.09.16 Wednesday
    • 17:03
    生姜とハチミツの組み合わせ意外に思われるかもしれませんが、
    欧米では「ジンジャークッキー」など焼き菓子によく使われています。

    生姜は発汗作用や体を温める効果があり、
    また、新陳代謝、血行促進効果もあります。

    ハチミツは美容に必要な豊富なビタミンやミネラル分が含まれています。

    そんな美容にとっても効果のある生姜とハチミツを使ったレシピを
    ご紹介します。

    【材料】
    ・しょうが(100g)
    ・ハチミツ(230g)

    【作り方】
    1.生姜は皮をむいてできるだけ薄くスライスします。
    2.保存用の容器に?を入れ、ハチミツを入れます。
      (生姜がひたひたになるくらいBEST)
    3.蓋をして、容器を振りながら生姜とハチミツをなじませます。
    4.10分待てば出来上がり!!

    魚料理や肉料理の下ごしらえ、味付けに!
    ソーダ水と割ってジンジャーエールジュースに!
    紅茶に入れてジンジャーティーに!!


    -----------------------------------------------------
    生姜 しょうが はちみつ生姜 生姜はちみつ はちみつしょうが しょうがはちみつ

    巣みつでパーティー -トマト編 vol.2-

    • 2009.07.11 Saturday
    • 11:35
    先ほどのゴルゴンゾーラ+『巣みつ』にトマトをプラス
    これが、予想を超えるおいしさに

    かなり おススメ!!

    チーズ トマト

    ☆材料
    ・巣みつ
    ・クラッカー
    ・ゴルゴンゾーラチーズ
    ・トマト
    ・バジル

    ゴルゴンゾーラの塩分と『巣みつ』の甘み
    そして、トマトの酸味がいい具合で絡み合い
    “メッチャおいしいぃ〜”

    ※今回使ったゴルゴンゾーラチーズは、初めての方でも
    食べやすい癖の少ないものを使いました。

    お好みのチーズでお楽しみくださいね

    巣みつでパーティー

    • 2009.07.11 Saturday
    • 09:13
    今年もおいしい『巣みつ』ができました!

    巣みつ 食べ方

    皆さんにおいしい『巣みつ』の食べ方を
    お伝えします。

    クラッカーにお好きなチーズと『巣みつ』を
    乗せるだけ。

    でも、このシンプルさがとっても美味!
    ぜひ、お試しください


    ☆材料
    ・巣みつ
    ・クラッカー
    ・クリームチーズ     
    ・ブラックペッパー 少々

    巣みつ 食べ方 クラッカーにチーズ

    チーズの酸味と『巣みつ』の甘さとブラックペッパーの
    スパイシーさが絶妙!!

    シナモン×ハチミツ

    • 2009.06.13 Saturday
    • 15:57
     料理の味を調えるだけではなく、
    身体を温め、内臓の働きを活発にし、
    余分な水分を排出する効果のあるシナモン。
     
     冷房で、冷えた身体や、汗が出にくくなり、むくんだ身体。
    夏こそシナモンを摂り入れて、
    夏風邪・夏バテ防止に役立てましょう。

     みつばち村に代々伝わるシナモンティー。

     シナモンスティック1本を水1リットルに入れ、煮出す。
    そのまま入れておくと、色・成分が抽出されます。
    冷やしてもおいしくいただけます。
    ハチミツを入れてどうぞ。

    みつばち村のシナモンンティー

    南高梅その後

    • 2009.06.13 Saturday
    • 10:13
    10日に仕込んだ梅&ハチミツがいい感じ。

    このジュース、日に日に梅の香りが濃くなっていくのです。
     
    なんと次の日から、さっそく試食する村長。

    「梅のエキスが出きってからではなく、その過程を楽しむもいい。
    そうすれば、毎日違った梅の味が楽しめるでしょ。

    おいしいものを一番おいしい時にいただくのが、
    食べること、作ることのイミである」

     なるほど、目からウロコの奥深い知識。
    そして、生産者ならではの視点。

    でも、本当に美味しくなったときには・・・・もう無いかも(^_^;)

     だから村長はハチミツを作り続けるのか。

     チャーマーも何かジュースを作ってみよう。


    入れて二日目の梅

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    フェイスブック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM