はちみつしぼり体験

  • 2017.08.07 Monday
  • 14:37

こんにちは。

 

春日養蜂場のヒロセです。

 

 

今年も、はちみつしぼり体験を行ないました。

 

天候が悪く、中止になってしまった日もありまして、楽しみにお待ちいただいていた皆さん、ごめんなさいkyu

梅雨明けしてからの垂井町は、毎日のように雨が降っていまして。。。

 

 

はちみつ搾り体験

皆で、一緒にはちみつを搾りました。

 

 

はちみつ搾り体験

分離機から、はちみつがトロ〜ッと出てくる瞬間は、皆からの歓声が♪

 

 

はちみつ搾り体験

最後には、ミツロウキャンドル作りもあります。

 

 

掲載した写真の日も、体験が始まる直前で雨が降り出しました。

 

 

でも、皆さん集まっていただいていたので、テントの下で行なうことを了承の上でスタートしました。

 

 

すると10分ほどで、ウソのような天候の回復で陽が差し込むほどに。ビックリ!

 

 

1時間ほどのプログラムですが、みんな笑顔で帰っていただき、こちらも嬉しくなりました。

ありがとうございました!

 

 

布屋 原酒造場さまご来店!

  • 2017.04.21 Friday
  • 14:38

こんにちは〜。

 

春日養蜂場のヒロセです。

 

 

 

今日も、お客さまがおみえになりました。

 

 

岐阜県郡上市白鳥町の「布屋 原酒造場」の、12代当主でる原元文さまです。

 

 

 

酒造会社の人が何をしに??

 

 

ですよね。

 

 

原酒造場さんは、お花から天然花酵母を分離して、日本酒を製造されています。

 

サクラやツツジなどからの、天然花酵母を分離し日本酒にするまでは成功されているのですが、

 

レンゲからはまだ成功されていないようで、とあるご縁から、

 

私たちがレンゲを育てていることを知ってもらい、レンゲの花を摘みにはるばる郡上市から垂井町まで。

 

レンゲの花摘み

 

 

当店が、契約して地元の農家さんに栽培してもらっているレンゲ畑に行って、一つ一つ丁寧に花を摘んでいきました。

 

 

 

レンゲとミツバチ

 

ミツバチもたくさん訪花しており、羽音が聞こえてくるほどでした。

 

 

 

私も、摘むことを手伝ったのですが、摘んでいるうちに。

 

ミツバチが、蜜を吸っている花の方が天然花酵母を分離できる確立が高いのではないかな??

 

と思い、原さんにも確認して、色んな花を摘んでみました。

 

 

ミツバチが来ている花、色の濃い花、薄い花、盛んに咲いている花、終わりかけの花・・・など

 

 

天然花酵母の分離に成功して、美味しい日本酒ができるといいなぁ〜。

 

 

結果がでるのは、2〜3ヶ月ほど先だそうです。 

 

 

▼布屋 原酒造場

http://genbun.sakura.ne.jp/index.html

 

 

 

 

足踏み状態

  • 2017.04.02 Sunday
  • 11:21

こんにちは〜。

 

今日は、垂井町の相川公園で桜祭り開催中! それを横目に配達で通り過ぎたヒロセです。

 

 

春日養蜂場前のサクラ

 

 

東京などでは、お花見のお客さんで賑わっているニュースが流れていますね。

 

 

垂井町の桜は、ちょっと足踏み状態で。。。

 

 

お店の前の大きな桜の木も、今日やっと数えるほどの開花がありました。

 

 

もう少し気温も上がって、桜も元気に咲いてくれないかな〜。

 

 

はちみつ、早く採りたい。

 

 

 

 

 

アメリカからの養蜂視察

  • 2017.03.30 Thursday
  • 08:33

おはようございます!

 

今年は、どこでお花見をしようか検討中のヒロセです。

 

垂井町には、お花見スポットが何ヶ所かあって迷っちゃいますよね。近隣の市町まで含めると、凄くたくさん!

 

 

 

さてさて。

 

昨日は、アメリカのオレゴン州とワシントン州から養蜂家さんが、日本の養蜂について視察に来店されました。

 

春日養蜂場にアメリカから視察に

 

まずは、お店で自己紹介など。

 

 

 

 

はちみつの試食

 

 

春日養蜂場で採っているはちみつの試食や、アメリカから持ってきているはちみつの試食もさせてもらいました。

 

試食させてもらったハチミツ、美味しかったですよ♪

 

 

 

 

ミツバチの巣箱を開けて見学

 

実際に、蜂場に行って巣箱を開けて、中の様子もみてもらいました。

 

(ポケットに手を入れているのは、肌が露出しているから刺されないように。態度が悪いわけじゃありませんよ。笑)

 

 

ミツバチの巣箱を開けて見学

 

 

蜂場で長話

 

 

春日養蜂場では、女王蜂を人工的に誕生させて、毎年交代させているんですが、彼のところでは業者から購入して交代させているそうです。

 

 

また、箱の作りも驚いていました。巣箱のフタにスリットが入っており、空気が通るようになっているのですが、アメリカではこれが無いために、湿気がこもってしまうらしいです。いいアイディアだねって♪そもそも、箱のつくりが大きく違いますしね〜。

 

 

アメリカでは、花粉交配用にミツバチを貸出すことが多く、そのレンタル料も日本と比べものにならないくらい。農作物を作るのに、ミツバチが大切だって考えがあるからかな。

 

 

 

話し出すとキリがなくて、蜂場で長いこと立ち話をしてしまいました。笑

 

 

 

 

 

お茶の間ステーション2時6時 

  • 2017.03.29 Wednesday
  • 13:08

こんにちは〜。

生放送の緊張感ってハンパない!ヒロセです。

 

 

昨日、岐阜放送ラジオに出演させていただきました。

 

 


「お茶の間ステーション2時6時」って番組内の、3時のリポートのコーナー。


岐阜放送ラジオの車

 

 

 

 


8分程度のコーナーなのですが、10分ほどの打ち合わせの後に、本番。。。


喋りなれていない私は、めっちゃ緊張して上手く話せたか記憶にないくらい。笑

 

 

 

 

リポーターの酒井勇人さんと記念撮影。

 

酒井勇人さんと記念撮影



 

ミツバチたちが垂井町に帰ってきました

  • 2017.03.25 Saturday
  • 15:36

こんにちは〜。

 

今日はお出掛け日和!ヒロセです。

 

まだ風は冷たく感じますが、日差しは暖かくなってきましたね。来店されるお客さまも増えつつあります。

 

 

 

和歌山県での、越冬&繁殖のキャンプを終えてミツバチたちが、垂井町に帰ってきました。

 

垂井に帰ってきたミツバチ

 

 

 

 

 

垂井町では、ウメ(バラ科サクラ属)やヒサカキ(モッコク科ヒサカキ属)が咲いています。

 

垂井町で咲くウメ

 

 

垂井町で咲くヒサカキ

 

 


このウメやヒサカキは、どちらも花粉が多くミツバチの繁殖に役立っていますし、ヒサカキは蜜源としても有力。

東京でソメイヨシノの開花宣言がありましたね

  • 2017.03.23 Thursday
  • 16:35

こんにちは〜。

 

東京でソメイヨシノの開花宣言があり、さらにソワソワしてきたヒロセです。

 

はちみつの在庫が、僅かになってきて今年の新蜜を早く採りたい!

 

 

垂井町のソメイヨシノは、まだ蕾がかたく開花までもうしばらくかかる予感。

ソメイヨシノの蕾

 

 

 

 

でも、確実に春は訪れていて、近所の畑の花にミツバチが訪花してました。

 

 

菜の花とミツバチ

 

 

 

 

そして、お店の花壇では昨年末に植えた、チューリップがいっぱい芽をだしていて、花が咲くのが楽しみ♪

 

チューリップの芽

 

 

世界の子どもにワクチンを  感謝状をいただきました

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 15:32

こんにちは。

 

春は、ソワソワしてしまうヒロセです。

なにかと、新しいことが始まる春。気持ちだけが焦ってしまいます。落ち着いて行きましょう!

 

 

2011年のから行なっている、「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」さんへの募金活動。

 

事務局長の伊藤さんと、いつも担当してくださる高橋さんが、東京から遥々田舎の垂井町までお越しいただき、感謝状を頂きました。


世界の子どもにワクチンを 感謝状

世界の子どもにワクチンを 感謝状

 

 

 

 

毎月、お客さまからのご注文に対して、一部を募金に当てており、これまでに23,323人分(2017年3月現在)のワクチン募金をしています。

 

 

ご注文いただいたお客さまにも感謝申し上げます。ありがとうございます!


 

カンボジアからのお客さま!?

  • 2017.02.02 Thursday
  • 14:06

こんにちは〜。

 

ミツバチの越冬も山場をこえ、暖かくなる春が待ち遠しいヒロセです。

 

 

昨日のことですが、カンボジアから日本へ養蜂研修に来ているNOB UISALさん(向かって左から2番目)が、春日養蜂場へも着てくれました。

 

 

カンボジアからのお客さま

両端は、NOB UISALさんの受け入れ先である兵庫県の俵養蜂場の方々。
日本語も、とても上手で私も僅かながらおしゃべりしました。
きっかけは、春日が数年前にJICAの事業で、カンボジアでの養蜂支援の仕事をしており、現地でのフィールドワークなども行っていたからだと思います。
なので、それを踏まえたカンボジアでの、セイヨウミツバチを用いた養蜂の可能性などのお話をということ。
夕方には、兵庫県に向かって帰られましたが、NOB UISALさんはもう1年ほど日本で修行を積んだ後、カンボジアへ帰って事業をスタートされるようです。
楽しみですね♪

はちみつ屋 お店見学お礼の手紙 

  • 2017.01.25 Wednesday
  • 13:49

こんにちは。

春日養蜂場のヒロセです。

 

 

 

お店に、ご近所の小学生さんからお手紙が届きました。

 

昨年の秋に、街角散策の授業で、お店見学に来てくれた近くの小学校のお友だちからのお手紙です。

 

 

お店見学 お礼の手紙が届いたよ

 

 

お店見学 お礼の手紙が届いたよ

 

 

みんな、一所懸命に書いてくれたのが伝わってきますね。

 

 

ありがとう!仕事の励みになりますよね。

 

 

この時には、お店でミツバチやはちみつの話、仕事での苦労ややりがいについてお話させてもらいました。

 

また、お店の裏の作業場も見学してもらい、最後には蜂蜜のラベル貼りを体験してもらったかな。

 

 

お話の時には、私の話ばかりでは退屈してしまうだろうと、質問の時間を多めにしてみたのですが、次から次へと質問がでてきて関心の高さが伺えました。

 

 

 

また今年も、来てくれるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

フェイスブック

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM