スポンサーサイト

  • 2018.05.01 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    食の3重丸 はちみつ審査合格しました

    • 2017.09.09 Saturday
    • 10:59

    こんにちは!

    あっさりした醤油ラーメンが食べたいヒロセです。
    歳なので、コッテリはもう受付けません。。。
    さて。
    数ヶ月前に審査に出していた、「食の3重丸」の合格通知が来ました。
    はちみつ 食の3重丸 合格

    数ヶ月前に、抜き取りサンプルの理化学検査も含めた審査に出しておりました。

     

     

    各はちみつを、残留農薬や添加されているものがないかなど、第3者による検査です。

     

     

    確か、30項目以上の理化学検査にかけられたと記憶しています。

     

     

     

     

     

     

    ※食の3重丸とは
    国産農産物の受給率向上・環境負荷軽減・食の安心・安全を主な目的に、

    「一般財団法人 雑賀技術研究所」が実現する利益追求を目的としない社会貢献活動(公益事業)です。
    https://s3jumaru.jp/

     

     

    ミツバチも冬仕様

    • 2016.12.11 Sunday
    • 10:54

    私たちが養蜂を行なっている岐阜県の垂井町も、随分と冷え込むようになりました。

     

    伊吹山に雪が降った

     

     

    伊吹山にも、雪が積もるようになり、冬本番!

     

    気温も、日中で10℃を下回りミツバチも巣箱の中でじっと過ごすことが多くなります。

     

     

    ミツバチの巣箱 冬仕様

     

    巣箱も冬仕様。

     

     

    巣門は、新聞紙を折り曲げたものを挟みこみ、出入り口を狭くします。

     

    これは、冷たい空気が少しでも吹き込まないようにしています。

     

     

    フタとの間には、紙を挟みこんで暖かい空気が出て行かないように。

     

     

    ミツバチの負担が少しでも軽減できるようにし、元気に越冬してもらいます。

     

     

     

     

     

    キレイな結晶蜜ができた

    • 2012.02.06 Monday
    • 10:43
    おはようございます!
    子どもの頃に夢中になっていた、将棋を久々にさしました。ヒロセです。
    また、しばらくはまりそうです。


    見てください。キレイな結晶蜜ができました!
    結晶したはちみつ

    結晶したはちみつ 比較写真
    結晶前のものと比べると、こんなカンジです。

    きめも細かく、しっとりとした滑らかさの中に、程よいツブツブ感が好まれる結晶蜜は、意外と好きな方が多いです。
    今回のは、本当にキレイに結晶したのでついつい、この日記でも紹介したくなりました。

    そのまま使う場合には、この舌触りが好まれますし、お料理などで使用する場合、スプーンですくっても垂れないからと使い勝手を好まれる方もいます。


    ご注文はこちらから>>>
    数量限定の商品です。売切れの場合は、次回販売までお待ちください。


    なぜ「はちみつ」が、結晶するのか?
    それは、主成分である「ブドウ糖」の性質によるものが主な要因です。
    ブドウ糖は、14℃付近が結晶しやすい性質をもっており、この寒い時期には結晶しやすい環境なのです。

    色んな花のはちみつがありますが、ブドウ糖の含有量が多いはちみつ、少ないはちみつがあります。

    結晶しやすいはちみつの代表例:ナタネのはちみつ
    結晶しにくいはちみつの代表例:アカシアのはちみつ


    結晶の要因として他にも、はちみつに含まれる花粉などもあります。この話は、また別の機会に。


    結晶したはちみつが苦手な方は、50℃以下でゆっくりと湯せんをしてください。元のトロリとした液状に戻ります。



    はちみつの結晶化

    • 2011.11.27 Sunday
    • 15:31
    こんにちは!
    先日、京都の紅葉を楽しみに行ってきたヒロセです。
    清水寺までの坂道のお店も大賑わい。ほんのり紅葉もとても綺麗でした。


    さて。
    ここ数回のイベント販売で、よく質問されることがありましたので、日記でも改めてご説明をと思います。


    その質問とは、
    「はちみつって、冬になると白く固まるのってなんで??」
    というものです。


    その答えは。
    はちみつは、主な成分が「ブドウ糖」・「果糖」・「水分」となっています。
    この「ブドウ糖」が14℃付近で、結晶しやすい性質をもっているので、寒くなる冬の季節は白く固まるということなのです。
    ブドウ糖の含有量が多ければ、結晶しやすいはちみつとなり、少なければ結晶しにくいはちみつとなります。これは、蜜源の花によって差が生じます。


    結晶してしまったからといって、はちみつがダメになた訳ではありません。
    50℃程度の低めの温度で湯煎をかけて溶かしてやれば、もとの液状にもどります。湯煎することにより、色が濃くなったり風味が若干損なわれることもあります。

    私がおすすめするのは、大き目のお鍋に50℃強のお湯をタップリし準備して、その中にビンゴと入れて放置し時々ビンをゆすり攪拌してあげる方法です。


    結晶したはちみつも、あのザラザラとした食感が好きな方や、スプーンですくいやすいなど、好まれる方がいらっしゃります。


    授与式

    • 2010.01.17 Sunday
    • 15:20
    岐阜県内で採れたはちみつの品評会である
    岐阜県はちみつ共進会の授与式が
    岐阜市内にあるホテル十八楼で行われました。

    第20回岐阜県はちみつ共進会


    以下は、昨年10月22日の品評会の様子

    百花の部(281点出品)で、
    最高賞の「東海農政局長賞」を受賞いたしました。

    出品したはちみつは、当養蜂場で販売している「冬青(そよご)蜜」
    審査委員の方から、「これは美味しい」と絶賛されました。

    第20回岐阜県はちみつ共進会

    またれんげの部(28点出品)では、
    3番目の賞となる「岐阜県養蜂組合連合会会長賞」
    を受賞

    今年は、出品した部門で両方とも入賞となりました。

    これで11年連続の入賞となり、
    過去20回行われた品評会のうち、第9回のみだけが入賞を逃しています。

    新カタログが出来ました

    • 2009.10.24 Saturday
    • 10:28
    はちみつと健康食品のカタログが出来ました。

    表紙
    カタログ

    はちみつ紹介のページ
    カタログ2

    カタログご希望の方は、
    メール https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01001819

    フリーダイヤル 0120-830-838 まで

    ご連絡お待ちしております。

    そよご(冬青)のハチミツ

    • 2006.06.28 Wednesday
    • 07:01
    ソヨゴ(冬青/ふくらし/そよご) Ilex pedunculosa
    (モチノキ科 モチノキ属)

    6月7日からソヨゴの採蜜が始まり、やっと採蜜が終わりました。
    今年は、花つきと蜂群数が多いのでたくさんハチミツが採れました。

    来月からは、ハチミツしぼり体験が始まります。

    そよご(冬青)のハチミツ

    • 2006.06.13 Tuesday
    • 22:22
    ソヨゴ(冬青/ふくらし/そよご) Ilex pedunculosa
    (モチノキ科 モチノキ属)

    6月7日からソヨゴの採蜜をしているのですが、
    各蜂場を一巡もしないうちに、
    最初の蜂場の巣箱の中は、ハチミツでいっぱいです。

    とりあえず、余っている巣板がたくさんあるので、
    ふたたび3段箱にすることにしました。

    ソヨゴ蜜は、豊作になりそうです。

    花蜜(ネクター)

    • 2006.05.02 Tuesday
    • 07:50
    昨日は、レンゲが花蜜を出す最高の気温となりました。

    さすがにレンゲの花は、花蜜が多く
    4段になった巣箱の中は、空いた巣房(穴)がなくなるほど
    「花蜜」でいっぱいになりました。

    ところでこの「花蜜(ネクターとも言いますが)」
    ハチミツになる前の段階で、ショ糖が40%前後で、60%が水分です。

    この花蜜を、ミツバチ達が水分を飛ばし、
    「ショ糖」を酵素で「ブドウ糖と果糖」に分解して、
    水分が16%から20%のハチミツになります。

    ハチミツは、ミツバチ達が花から集めた「花蜜」を
    酵素で変化させて、濃縮し保存性を高めたものです。


    れんげの花蜜をお腹に貯えて帰ってくるミツバチ

    花蜜をお腹いっぱいにして、帰巣したミツバチ達。
    巣門が、花粉で「黄色」になっています。


    1歳未満のお子様には・・・

    • 2006.04.23 Sunday
    • 21:02
    「ハチミツは、1歳未満のお子様には与えないでください。」

    生後1歳未満の赤ちゃんは、
    ハチミツに混入している可能性のあるボツリヌス菌に対して、
    抵抗力が弱いために、過去に乳児ボツリヌス症になる事例がありました。

    1歳以上になればボツリヌス菌に対する抵抗力が出来ますので、
    ボツリヌス症になることはありません。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    フェイスブック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM