ローヤルゼリーのデセン酸の話し−2−

  • 2006.05.03 Wednesday
  • 07:49
保存料としての脂肪酸(デセン酸)

デセン酸の働きは、
タンパク質をヨーグルト状にすることのほかに、

ローヤルゼリーが腐敗しないようにする保存料の役目もしています。

王台の中に貯められているローヤルゼリーは、
幼虫が成育するために必要な温度である35度前後
常に暖められています。

この温度帯でも、細菌からローヤルゼリーが腐敗しないようにしているのが、
脂肪酸(デセン酸)です。

そしてこの脂肪酸などによって、
ローヤルゼリーのpHは3.5〜4という低さになっており、

このことからローヤルゼリーの成分は、
元々酸に強い成分で構成されていることが判ります。

女王蜂の幼虫が食べるローヤルゼリーに
保存料としての脂肪酸(デセン酸)が多くても弊害が出ます。

自然王台のローヤルゼリーに含まれるデセン酸の量は、
1.8%前後です。

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

フェイスブック

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM