スポンサーサイト

  • 2018.08.13 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    蜂の子 幼虫とサナギ 対決!!

    • 2006.12.27 Wednesday
    • 15:05
    蜂の子 幼虫とサナギ 対決!!

    幼虫は、成長しなけれいけないので、食べ物をたくさん食べます。
    サナギは、変態を待っているだけので、なにも食べません。

    うーん、違いは、こんなところか?
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    春蜂 女王蜂っ子(クィーンビーJr.) 特許第3378992号取得
    http://honey-shop.jp/?pid=114101

    女王蜂とオス蜂 対決!!

    • 2006.12.27 Wednesday
    • 14:30
    女王蜂とオス蜂の違いは、

    答え「単にオスとメスの違い」・・・なのですが、

    じつは幼虫時代に食べる食べ物が違います。

    女王蜂は、一生ローヤルゼリーだけを食べています。
    さすが高品質な食べ物を食べているので、
    卵からふ化して16日で成虫になります。

    オス蜂は、働き蜂と同じで、
    卵からふ化して最初の3日間だけローヤルゼリーを食べます。
    その後は、花粉とハチミツを食べて成長します。
    そのために、成長が遅く成虫になるために24日もかかります。

    ちなみに働き蜂は、21日で成虫になります。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    春蜂 女王蜂っ子(クィーンビーJr.) 特許第3378992号取得
    http://honey-shop.jp/?pid=114101

    「女王蜂の幼虫」と「オス蜂のさなぎ」の2種類

    • 2006.12.27 Wednesday
    • 14:16
    今、蜂の子として、製品化されているのは、
    女王蜂の幼虫」と「オス蜂のさなぎ」の2種類。

    1.働き蜂は、大事な働き手なので、蜂の子にはしません。

    2.オス蜂は、カンタンに大量生産できます。

      幼虫は、巣から取り出すの難しいので、サナギになるのを待ちます。
      サナギなったオス蜂は、じっと変化を待っているだけなので
      温度さえ注意すれば、生きたまましばらく保管ができます。

      養蜂場で作られたオス蜂の巣を、箱から取り出して、
      工場へ運んでから取り出して加工保管が出来ます。

    3.女王蜂の幼虫は、ローヤルゼリー生産の副産物

    と言う訳で、市場にある蜂の子は、「女王蜂の幼虫」と「オス蜂のさなぎ」の2種類です。

    次回は、女王蜂とオス蜂について

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    春蜂 女王蜂っ子(クィーンビーJr.) 特許第3378992号取得
    http://honey-shop.jp/?pid=114101

    ローヤルゼリーよりデリケートな女王蜂の子

    • 2006.12.27 Wednesday
    • 11:37
    ローヤルゼリー生産とともに必ず生産される女王蜂の子ですが、
    その取り扱いがとてもデリケートです。

    幼虫は、巣の中から取り出され、採集容器の中にいれられると
    体表にある呼吸気管がふさがれてしまい、すぐに死んでしまいます。

    ですので、採集直後に冷蔵されて、その後冷凍保存します。

    ローヤルゼリー生産では、
    生産直後に「冷蔵、冷凍保管」は当たり前のように言われていますが、

    女王蜂の蜂の子を生産販売できるのは、
    そこで生産されているローヤルゼリーが
    しっかりと品質管理されているの証でもあるんですね。

    すぐに冷蔵、冷凍保存できないところで生産された女王蜂の幼虫は、
    ・・・生産者のお腹に収まることになります。

    中国のある養蜂家は、ビールの中に生の女王蜂の子を入れて、
    一緒に飲むのが「最高の健康法」だと言っていました

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    春蜂 女王蜂っ子(クィーンビーJr.) 特許第3378992号取得
    http://honey-shop.jp/?pid=114101

    ローヤルゼリーの1/5しか生産できない女王蜂の子

    • 2006.12.27 Wednesday
    • 10:12
    普通は、巣の中で存在しない女王蜂の子なのですが、

    特殊な方法で生産されるローヤルゼリーの時に
    この蜂の子は、「副産物」として生まれます。

    その量は、ただでも生産量が少ない
    貴重なローヤルゼリーのおよそ1/5。

    そして蜂の子は、巣の中から取り出されると、
    すぐに死んでしまいます。

    ですので、ローヤルゼリーとともに、
    採集直後に冷蔵から冷凍保存されます。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    春蜂 女王蜂っ子(クィーンビーJr.) 特許第3378992号取得
    http://honey-shop.jp/?pid=114101

    女王蜂の幼虫は・・・ゼロ、いません

    • 2006.12.26 Tuesday
    • 22:43
    ミツバチの巣の中には、女王蜂は1匹だけと言うルールがあります。
    (2匹は、いらないというこです。)

    ですので、後継が必要になるとき(巣別れ)以外は、
    女王蜂は、作られることはないので

    巣の中をのぞいても、女王蜂の幼虫はいません。

    ですが、これをある程度大量に生産する方法があるんです。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    春蜂 女王蜂っ子(クィーンビーJr.) 特許第3378992号取得
    http://honey-shop.jp/?pid=114101

    オス蜂は、簡単にしかも大量に生産できるけれど、おジャマ虫

    • 2006.12.26 Tuesday
    • 22:32
    はっきり言って、オス蜂はジャマもの。
    必要なだけ居てくれたらいいんです。

    と言うのは、オス蜂の仕事は「処女の女王蜂との交尾」
    ですが女王蜂は一生に1回だけしか交尾はしません。

    となると巣箱の中にいるオス蜂は、
    ほとんど交尾のチャンスのないオス蜂ばかり。

    することもないから、毎日毎日働き蜂に食べさせてもらって、
    ブラブラしているだけなんです。

    養蜂家からみると
    「いなければ困るけれど、あまりいてほしくない存在。」

    それなのに、やたらと生まれてくるですよね。

    特に働き蜂よりも大きなオス蜂の巣を与えると、
    あっという間に大量のオス蜂が誕生してきます。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    春蜂 女王蜂っ子(クィーンビーJr.) 特許第3378992号取得
    http://honey-shop.jp/?pid=114101

    6種類もある蜂の子

    • 2006.12.26 Tuesday
    • 22:07
    一口に 蜂の子 と言っても6種類もあります。

    1.女王蜂 (幼虫とさなぎ)
    2.働き蜂 (幼虫とさなぎ)
    3.オス蜂 (幼虫とさなぎ)

    このうち、蜂の子として、製品化されているのは

    「女王蜂の幼虫」と「オス蜂のさなぎ」の2種類。

    なぜ2種類だけなのでしようか?

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    春蜂 女王蜂っ子(クィーンビーJr.) 特許第3378992号取得
    http://honey-shop.jp/?pid=114101

    めちゃくちゃ美味し−−−い蜂の子

    • 2006.12.24 Sunday
    • 21:43
    蜂の子は、食べてみるとめちゃくちゃ美味し−−−いです。

    どんな味かと聞かれても、
    うーんほんのり甘く、まったりとした味・・・なんと答えていいのやら。

    とにかく美味しい。

    ただこれも女王蜂の幼虫のお話。

    同じミツバチでもオス蜂のサナギには、すこしエグ味あって、イマイチです。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    春蜂 女王蜂っ子(クィーンビーJr.) 特許第3378992号取得
    http://honey-shop.jp/?pid=114101


    今、話題の蜂の子

    • 2006.12.24 Sunday
    • 17:16
    最近、新聞や健康雑誌で取り上げられことの多い「蜂の子」。

    特に「精力減退、耳鳴り、難聴、めまいに・・」と言う話が伝わってきます。

    もともとローヤルゼリー生産が専門の春日養蜂場では、
    生産時に出てくる「女王蜂の幼虫」を・・・スタッフみんなで美味しくいだいていました。(m_m)

    特にしょう油とハチミツで味付けをすると、ものすごーく美味しいんですラブ

    ところがある日、この「蜂の子」を食べたスタッフが「耳がモゾモゾとするんだよね」と言うので、気になって調べてみると興味深い話がいろいろと出てきました。

    その話の中には「蜂の子は、天然のバイアグラ!!」なんて書いてあるのもありました(笑)←確かに亜鉛やセレンなどの成分の含有量が多いのでそうなのかも

    とにかく試しに成分分析をしてみると人に役立つ成分がいっぱい!!

    今までスタッフのおなかに収まっていた貴重な「蜂の子」は、皆様の健康にお役立てするために「女王蜂っ子」として生まれることになります。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    春蜂 女王蜂っ子(クィーンビーJr.) 特許第3378992号取得
    http://honey-shop.jp/?pid=114101

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    フェイスブック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM